更に、益々こんな感じ。


by 43km
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

カテゴリ:talk to oneself( 168 )

落ち着きのない一週間。

見えぬところで状況が変わってきた、
諸問題が露呈?
露呈させたつもりはないし、
俺よりアノ子のほうが明らかに目立った行動してたはずだ、ありゃ露骨過ぎた、けど注意しようがないからな、
まぁ仕方ない。
何もないんだから、注意しようが無い。
何だかんだで終わってみれば楽しかったかも、
この一週間。

by 43km | 2019-02-15 18:21 | talk to oneself

自信が無い人

部下の能力が自分を上回っては困る上司。

遅かれ早かれ会社を潰す原因。

もし、自分は逃げ切れればそれで良いと思ってるなら
単なる自己中。

結局、アンケート結果から見えてるんだけど、
それを受け止められず現実逃避するのも、同様。

誰しも己を鍛え、高みを目指し、精進するのが
社会人の務めなはず。

だったら、部下が上司の能力を上回っても、
上司は他の能力を鍛えればいい、
それが出来ないなら諦めろ。
世の中が萎縮するだけだ、

人の成長をもっと喜び、花開かせるのが上司の務め。
それに感化されて、みんなを牽引するのが上司の務め。
これらを基にチームの成績を上げることが大切。
ついては会社の成長を促し、更なる人材を集め、
継続性ある会社を築き、社会貢献ができて
初めて共存共栄が実現できる。

それなのに
なぜ、みんなは自己中心的になってしまうか、
それは共存共栄という目的が定まっていないから、
自分さえ良ければという幼稚な考えに尽きる。


by 43km | 2019-02-09 21:20 | talk to oneself

自己に対する愛情が、俺には足りなかったらしい。

たしかに言われてみれば、自分を愛しているとは言えない。

俺は蔑ろにはされやすいお人好しだし、
それを割と当たり前にしてしまっていたところがある
これらは反省点。

もっと己を愛してあげよう。
もっと己を労わろう。

俺だって頑張ってるんだ。



by 43km | 2019-02-09 19:08 | talk to oneself

それから一週間。

それなりに友達レベルで続けた義理だけの夫婦生活も
やっぱり、無理だった。

そもそも妻の性根が嫌になったのだ、
改善されるわけもなく、気を許せばつけあがる

妻が一人で実家に行ったのだが、
俺から渡した離婚同意願いを
何故か持たずに行ったそうな、
俺としては、妻と妻の両親がいつも
日頃は会話が成立しない、話を聞かない
そういう傾向があるのを知っているので
文章で俺の気持ちを知って貰えば、
これ以上、俺を我慢させるわけにいかないと
理解してもらいたいと、その上で後日お世話に
なった旨を伝えて詫びを入れたいと考えていた
だから、行くときは持っていって経緯を説明して
必要ならば文章も見せてよいと言ったわけだが
妻はこれを持たず、互いにに話さず聞かず、
いい加減な話しで結果湾曲した解釈をされ、
二次的理由に終始したようすの報告を受けた。
どうりで早く帰ってくるわけだ、

しかし、これにはカチンときた。
俺の心を踏み躙られた。

直ぐにまた実家に文章もって行けと俺は怒鳴った。

今度は文章見せて説明してきたと言うのだが、
話を聞いても、結局は湾曲の曲線が少し緩んだ程度で
結局は俺に対して我慢しろの内容。
さっきより改善されたが
同じ穴の狢だから、まぁ仕方ない。
淡々と別れるだけだ、事務的に、
今日、離婚届を書いた。

でも、家のなかじゃ訳が違う
もう付き合えない、
話もしたくない。

一日も早く出てって欲しい。

俺の心は少しだって、もう蔑ろにされたく無いんだ。

by 43km | 2019-02-09 18:33 | talk to oneself

遊びの無い週末

昨日は二人で一週間分の買い物へ、
いつもと変わらずの行動ではあるが、
明らかにいつもとは違う。
変な気遣いの二人だ、
そのあとは二人で蕎麦を食べに、
いつもは遠慮していたのだろうか?
わからないが、珍しく妻は天ざるを頼んだ、
俺はいつも天ざるだから、二人で同じものを食べた。
小上がり席にお隣さんがいたが、
ウチらより若い夫婦、赤ん坊を連れていた。
ウチらはほぼ終始無言、空気感が明らかにおかしいってわかるような雰囲気に幸せそうな家族と隣り合わせ、
なんだかね、更に気まずいけど、
蕎麦はとっても美味しかった。
美味しいねと二人で話した。
そのあとはいつものソフトクリーム屋に今月のフレーバーを食べたいので帰りがけ、車中で俺から「ソフト食べる?」に妻はいつものように「うん。」と応えた。
ソフトは美味しかったし、店員さんもいつも通りに笑顔で接してくれたが、ウチらの距離感はいつもより離れていた。

日曜日は俺が、実家に行って今回の件を話したかったので久々のJR利用で小樽に帰った、姉も薄々気づいたみたいだが、驚いていた、二人には別れて欲しく無いって泣かれたが、妻と姉は友達でもないし、変化を恐れただけだ、それより仏壇を拝んで、両親に報告したらなかなかロウソクの火を消させてくれなかった、あんなに時間かかったのは初めてだ。ちょっと申し訳なくなったが、再度申し訳ない旨、お願いを込めて拝んでみたら、やっと消させてくれた。

家帰ったら、妻は少し落ち着いていた。
今日はテレビ観ながら一緒に笑ったり出来た。
俺からの愛情は既にないけど、だからって付き合いも含めてかれこれ20年近くも、一緒にいた大好きだったひとだから喧嘩別れもしたくないし、こんな感じで継続出来たまま離婚の一連が終われば御の字だ。
更に、俺と同じ歳の妻は見た感じまだまだ若くて、髪をしっかりと染めていればまだ20代に見えるくらいに可愛いから、再婚だって全然可能だ(俺は本気でそう思う)本人にその気があれば、とか、俺は過去実績において案外モテるけど俺にその気がないからいっつもスカしてあの手この手でかわし続けてきたからこれからも可能性はなくは無いとか(今だに同世代ちょっと上のご婦人達には擦り寄られ、距離を縮めてこられる事実ある)、今日はJRでアジア系観光客の女性に混んでる車中でケツをガッツリ触られたから顔を観たら結構な美人だから黙って触らせてあげたとか、そんなホントの冗談話しとかした。

俺は前向きに明るい未来を、成長ある希望を胸に生きていたいだけなんだ、だから妻とは別れて、別々の道を歩もうと思ってる。ただそれだけだ。

by 43km | 2019-02-03 22:23 | talk to oneself

昨日、

二度と書きたくない文章を書き、妻に渡した。

昨日は文章作りで帰りが遅くて、話す気力もないのを告げ、寝た。

今日は対峙しなければならないので定時にあがり、食事の後に話をした。

妻はずっと泣き続けるが、心には何も響かなかった。
もう前の自分とは違うと感じたし、
結局、なんにも変わらないワガママな妻が泣き続け、そこに居ただけだった。
言い訳にしか聞こえないし、妻から俺への性格の不一致を並べてただけのものだった、こんなことは数を増やしても仕方ないし、妻から俺に対しての愛情が残っているというが、自主的な改善もないままに継続はできないし、無意味なだけだ。
これらはすべて本人に話した。
今日のところはとりあえず休戦。
たっぷり悲しみに暮れ泣き明かしたならば、次は変化と感謝のステップだが、怒りが来るかも知れない。
まぁどっちだっていいさ、次の事柄が布石になる。

話をしていて、一つ気になったのが、ウチは収入の別会計を貫き、生活費は俺負担だった筈なのに結婚してからの妻の収入からの貯金額があまりにも少ない事、正直ビックリした、通帳も見てないが、そんなつまらないことに浪費していたのだ、もっとしっかりしているかと思いきや全然違った、案外そういう意味でも今回の判断は正しかったのかも知れない、次があればお金は2人で一つにして2人で管理するのが良いのかも知れない、妻がいくらパートでも単純計算に依ると妻は一人でうちの家計の食費分くらいは毎月浪費していたのだ、精神的に辛かったとかどうこう言っても、これは敵わん。ルール無視だ。怒りより呆れてしまう。俺としては、夫に何かあっても困らないように妻の収入は出来る限り貯金出来るように、生活が破綻しないようにと考えての判断だったし一昨年には俺の収入から収入保障型の保険に入ったりして気を遣っていたが、実情は違った、俺としては完全に妻に裏切られたわけだ、つまり当初から婚姻関係が破綻していたのだ。

案外、意外なとこ露見するものだ、

と、なると、

さて、どうする? 第2弾。

by 43km | 2019-02-01 22:58 | talk to oneself

目的

いつも同じことの繰り返し、
ありふれた日常、
それも一つの幸せなんだろう、
たまの非日常、
何かと疲れるカラダとこころにはそれも良いだろう、

でも、
40年もの間に蝕んでたこころを解放したら、
なんだか物足りない、全然物足りない、
だってまだ、人生の折り返しくらいじゃない、
他人に否定され、自分でも否定して、
なんにもせずに、ただ奴隷のように働き、
蝕んでた精神を隠すように、身の回りをモノで堅め、
自分をカタチ作れると勘違いした、

人はなんだってできる、
好きなことを選べるし、
好きなことだけしててもいい、
好きな人と過ごしても、
好きな人とこころを通わせてもいい、
そう、なんだっていい、

他人にどう見られようが、
どう思われようが、知ったことじゃない、
自分は自分、
価値観も考え方も、育った環境も、
好きな食べ物も、容姿も、何もかもが違う、

自分は何者でもないし、
そんなことは考える必要もない、

ただ、
誰かが困っていて、手を伸ばしてきたら、
そのときは助けたいし、
自分が困ったときも、そうして貰いたい、

決してみんなからただ好かれたいだけじゃない、
誰かの手助けが自然にできれば、
自然に好かれるだろうし、
そうでありたいだけなんだ、

でも、
自分の考えをはなから否定されては敵わない、
変化が怖いから?
自分が否定されそうだから?
他人が出来るのを見たくないから?
自分の立場が危うくなりそうだから?
めんどうだから?
いろいろあるだろう、
ただ、それは悲しいことだ、
もしそういうことになったなら、
大いに悲しもう、
そして許し、感謝しよう、
時には旅立ちを応援しよう、

世の中は常に変化する、

そう、心、赴くままに、
変わりたい、変わっていきたい、
できないことなどない、
身の回りの変化から、
自分のこころの変化へ、

そう、
あなたはわたしではないし、
わたしはあなたではないのだから、


by 43km | 2019-01-21 23:59 | talk to oneself

赴くままに、

過去を悲しんで、許すことが
こんなにも自分を突き動かす原動力と
気持ちの変化を生むとは、
無意識に蓋をしていた精神的な我慢が
露わになってきた、

もう耐えられない。

否定される人生はイヤだ。

そう、赴くままに、、、。

by 43km | 2019-01-20 19:46 | talk to oneself

ニチイ学館って

ニチイ学館ってふざけた組織だな、
今年のGWに病院が4/30と5/2休みにならないからと言う理由だけで、契約上土日祝日休みのパートに前述二日間は休日出勤にならないが出勤しろと言うことだと、病院とニチイ学館の契約事に、ニチイ学館と契約しているパート絡めんな、民間上の契約事が法律上回るわけないだろ

しかし、それに対して戦わない人は更にバカ、あんたの人権、国民の権利が踏みにじまれてるんだろうが!

そんなとこ、辞めんなら辞めちまえ!

逆に、辞める理由も思いつかないくらい腑抜けなら文句の一言も吐くな!

結局は腑抜けだと舐められてるだけだろうが!


by 43km | 2019-01-18 19:32 | talk to oneself

今年のまとめ

現場を終えて、春から女の子たちの図面の先生になり、
その間に会社のアメリカ旅行を夫婦で参加してたっぷり楽しんだ。ただ観光だけでなく、大変得るものの多い、自分の中の人の見方、人生観が変わるきっかけになった、部下の女の子たちにも大いに育てられた部分も感じたし、感謝、親兄弟にも感謝のそんな一年、また良書にも恵まれて幼少期から抱いていた負の心持ちを変えるキッカケ、悲しみから、許し、感謝と矢継ぎ早に進んで、長い長い負のスパイラルから抜け出せた、ほぼ四十年何を無駄に過ごしたのか、本当の意味でわかった。まだまだ人生は続く、有意義な人生を歩もう。人生これからだ。四歳児に失ってしまった心をようやくとり戻したのだから!

仕事も順調だし、周りの協力も得られ、感謝感謝の毎日で、心の変化で短時間にこうも変わるのかと、毎日が実感の場で、今が一番、人生の中でも一番楽しい。
お金も有意義に、ただ溜め込まず、自分に投資していこうと思う。

少々細かい話、今年はクレカの年だった。
既にゴールド含めて数枚あるのに、追加で3枚も作り、ゴールド、プラチナ、ゴールドと、懲りない私だが、なかでもプラチナを作るときに何故か、銀行でその上のクラスのインビテーションをくれていた、私そこまでその銀行に世話してないし世話になっても居ない、調べれば結構渋い基準のインビテーションらしく、何故に俺なのか全くわからないが、今治タオルと一緒にインビテーションを頂いたのだから、まあ何でか基準は満たしたのだろう。まぁ今の私には不要なんでほっといているが、

あと、勉強を始めた。
英語。自己啓発、人材育成、哲学、脳科学。
これら全て、自分と他者への育成のため、
最近は書籍の買い過ぎを制したいが、月に8〜10冊読んでる、月に2万近く書籍代が掛かるので、すこし制限するために、今は休憩を増やした。
それでも勉強は、なかなか楽しい。改めて思う。
既に実践しているが、さらに実践し改善しながら業務にも活かしたい。

ただただテレビを見、ネットをし、無駄な時間は過ごしてられない、休憩は必要だが、有意義な人生を送るには行動あるのみ、これからは人生のゴールを鮮明に想い描き、それに向けて突き進もう!人生はもっと自由なんだから!


by 43km | 2018-12-22 21:52 | talk to oneself