更に、益々こんな感じ。


by 43km
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2014年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

支那船など

拿捕しろよ
なんだかんだで、外とケンカ出来ない
井の中の蛙な官僚に政治家
面倒事を放棄しても、時間は解決してくれない、益々手に負えなくなるだけだ。
使えないなら海上保安庁も海自も要らない、この国の指導者たちは支那の横暴で日本を無法地帯にしたいのか?
[PR]
by 43km | 2014-11-06 01:11

国の考え

一種の棄民政策とも言えるかと、

税収は広く浅くが集めやすい。

企業の国際競争力は賃金に影響される。

まぁ、当たり前だし、わかるが…。

それが今では、底辺労働者の賃金を下げて、税金は広く深く取ろうと、これじゃ無理があるよ。

外貨を稼ぐための努力もなしにでは決して成立しない、国内で賄えないものは外から補わなければ当然足りなくもなる。

一例だが、いまや自動車大手の生産拠点は海外で、輸出自体が少なくなり、利益は持ち帰ることはあるが、この国の人間に生産させなければ、国益としては半分以下ではないか、国内の金が動く訳がない。

みんなで努力して支那の金回りを良くしてやっている。

全て、今までの政策が招いたことだし、国民の審判もザルだったわけだが…。

言い方は悪いが、病巣を取り除かないでカンフル剤を打ち続けても完治はしないのだ、つまり、一部の人間が、大多数の国民を棄民することしかしていない。
これでは希望も何もあったものではない。

国策を考えるものは、私利私欲を棄て国益を重視し、国民を最大限に働かせ、国内の金回りを考えつつ、外貨を稼ぐことに努力しなければ、この国はもう元には戻れず衰退するしかないのだ。
[PR]
by 43km | 2014-11-05 22:40