更に、益々こんな感じ。


by 43km
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ドタバタ

今日は、出勤日なのに危なく富〇野に行ってしまうところだった、危ない危ない。
つまり、こんなに天気が良いのに仕事をしていたわけだが・・・(泣)

消費税特需がやっとニュースになっているが、うちの会社もその特需で大変忙しい。
自分は全く忙しくないが・・・(いいのかっ?)

前年比133%UPの仕事量で、まだまだ仕事を獲るつもりらしい・・・(アホか)
物件数が増えているのに人は全く増えてない(1年兵しか増えてないし)

経営陣はどうするつもりなのか、さっぱりわからん。

客に失礼になるという理由(断れないだけ)で、仕事量増やしても
その辺の営業やメーカーと訳が違うのだ、一人で出来る物件は1~3物件で限界なのに
それ以上やらせるつもりなのか、既に一人で1~3物件に達していたのだし
ここ数年で増えた社員の殆どは、一人で1物件も出来るかどうか怪しい人しか居ないのだから
誰にやらせるつもりなのか、全くわからん。
人は探しているのだろうが、居ないのも事実。
じゃあ、これ以上仕事が出来る状態ではないのだ。

それなのに目先の利益を優先して、今いる人員に押し付けて利益のみを吸い上げることしか
考えていない人が2名と、やっぱり客に言われたら断れないって人1名が厄介者になっている。
現実に目を向けられないのは最低だね。
イイもワルイも現実は現実なのだ。

で、自分は何故に忙しくないのか、それは・・・
次の取れるかどうかも分からない物件のために確保している人員の1名に入っているらしい。
ようわからん。
元々、体を壊したら困るからって理由で会社は今の仕事に振り替えてくれたのだが、
去年も客先の要望に振り回され、前の仕事に一時的に戻された。
それなのにも関わらず、自己都合だけで戻そうとしているのだ。
じゃあ最初の理由はなんなの?って話になる。
全く意味がわからん。
こちらも結局、忙しいことが続けは体にかなり負担が掛かり結構辛いのも、会社は知らず
馬鹿みたい。

まぁ自分のことはこの程度にして話を戻すと、
現場で働く方たちはドタバタしている、そんななか
一人が辞めたいと言っているらしい・・・。
しかも現在進行形の物件を手放し今すぐにでも辞めたいと・・・40過ぎて言うことか?
ありえん・・・。

自分でやった失敗で、苦しんでいるのならば、その解決は本人以外だれが解決するのだ?
上司が当てにならんやつだからって理由はわかるが、そんな上司なら構わずに振舞い、
進めばよいのでは?
そんなことも出来ずに会社辞めたって、次なんか無いよ。
結局は他人だから知ったことでは無いが、辞めてどうなる?
ちなみにそんな彼は2物件から1物件に減ったばかりなのに、その1物件も解決できないなんて・・・。

まだ知らないことにしてと言われているから本人にも話せないが、
もうまともな対応などとても出来やしない、ふざけるなって目で見てしまうだけ・・・

暇なら手伝えばって人も居るのだろうが、初めに頑張りきれなかった彼が招いた
失敗だから、手伝えば彼の苦しみは彼の糧にならないから手伝いはしないのだ
一時的に楽にさせても、将来的に楽にならないのだ。

そんなさなか、うちの部署のあるフロアは10人居るが、
内7名が今日は有給消化だと・・・これまた意味不明。
[PR]
by 43km | 2013-06-29 20:17 | talk to oneself

サービス

Wikipediaで建築についてのサービスを調べようとしたら、無かったのだが、薄々感じながらも更にネットを調べてみると、建築とサービスが繋がる話が一切無いのだ。
サービスは第三次産業で無形で有償(無料と言っても完全なる無料は無くて、必ず有形のモノに自動的に抱き合わせ販売されているし、無形の状態のサービスは必ず有償)だ。
対して建築は第二次産業であり、当然サービスは行ってないのだ。
しかし、今日はビックリさせられた。第二次産業分の報酬(最低限)を更に安くしてその分をサービスに廻せという内容の話をされたのだ、正直会いた口が塞がらないという状況だ。

日本人はサービスを正確に知らずサービスを行うこと、またはサービスを受けることによって互いに麻痺していると私は感じた。
例えば、海外にある習慣で『チップ』があるが、これはサービスに対する報酬である。千円の食事で、店内に入り食事を済ませるまでの間に受けたサービスに対して何割かの報酬を支払うのだ。
但し、日本にはチップは無い、無いのだがサービスに対する報酬は実は払っている、それはいつどこで払っているのか?、会計の時に食事代等と一緒に払っている。明細には出て来ない、経費にそれは含まれているのだ。逆にチップの習慣のある地域では、サービスは経費に含まれていない。

つまり、日本人の大半はサービスに対する報酬を支払う感覚が無く、いつの間にか『お金を支払う』イコール『サービスが自動的に付与される』と勘違いをしているのだ。
ましてや、第二次産業に対して何ら報酬もなくサービスを提供するように要求するなど厚かましいの極みだ。


今後はこのような傾向はさらに加速し、要求事項も増してくるのだろう、それでも客の我が儘に無償で付き合う義務は果たして必要なのか?
甚だ疑問だ。

もっと疑問なのは、それと気付かずに平気で無償のサービスをばらまいている、社内の人間なのだが、身を削り、ボランティアを行うことはサービスなのだろうか?
[PR]
by 43km | 2013-06-27 00:32 | Photo

どっち?

中古で一昨年前に買った2000ccクラスの車が車検で¥450,000掛かるらしく中古乗り換えするのに1300ccクラスのさらに前の車から二年落ちの車が¥500,000で買うのって新車買うより勿体ないと思うのは俺だけだろうか?

不思議…

新車買ったほうが得なのではないか?!
[PR]
by 43km | 2013-06-25 19:36 | Photo(SH-06A)

250608

b0114166_22149100.jpg

豊平公園-藤棚の藤

この場所で、初めてタイミングよく藤を観れた。
[PR]
by 43km | 2013-06-23 22:16 | Photo(SH-06A)

夏至祭

今日は朝から晴天
去年から行って見たかった当別の『夏至祭』へ、
車で45分程度かな、祭り会場は当別の山の上にある
スウェーデンヒルズ内のスウェーデン交流センター
そこそこ混んでいて大変だったけど、まぁ地味な祭りでした・・・

何も食べず何も飲まず何も買わなかったけど、
そこには奇怪なカレーがあって
なんと、ザリガニ入りカレー・・・その名も『ザリガニカレー』
見本を見てみると、そのまんまの姿のザリガニが・・・怖っ、
でも結構売れてたみたい

まぁ、別荘地としてはいい環境でしたね。

夏至祭りもソコソコに、なんとなく月形方面へ

このあたりも最近は通ってなかったけれども
別荘や、田舎暮らしの洒落た造りの住宅がいっぱい建ってたね。
こちらも避暑地としては良いかも、

月形役場から西に行くと円山公園があってそちらに行こうと車を走らせると、
舗装から砂利道に変わるところに
『熊出没中』の看板が・・・、
現在進行形なので行くのは止めました。
でも、出没注意や昨今の出没看板は見たことあるけど、
出没中の看板は初めてだね・・・

やるなぁ月形・・・。
[PR]
by 43km | 2013-06-23 21:50 | talk to oneself

半年ぶり

春までに現場が終わり、うちの会社で初めての高層物件が無事完了した。
感想としては、ルーティング作業が多くて飽きるということだった
その他はいつもと変わらない、ただ大いに大きな顔して業務遂行出来たので
非常に楽だった。ただ、体力的には程々に疲れたのもあるが・・・白髪も増えたし

話は変わるが、
昨日はこの時期恒例のサラリーにとっての夏の一大イベントだった。
去年はちょこっと地上げが出来ていたので、年末の一大イベントのほうも少々地上げ
当然今回も地上げ・・・でもね、やっぱりまだまだ足りないのさ、気持ちを埋めるには
じゃあどれだけならば埋まるのか、どれだけ会社にとって”良い”ことをしても結局は掠め取られているだけ
やっぱりねぇ、自分でやらなきゃダメなんだよね、人聞き悪いけど掠め取るほうにならなきゃ
埋められないよね。
長年仕事してきて、サラリー得てきたけど、結局自由になるお金は19、20歳の頃が
一番多かったかもしれない、細々と出て行かないし、必要なものも、必要なことも
今ほど多くもないからね、当然だけど・・・
あの頃は景気が良かったから、20歳ソコソコでの一大イベント合計と今の合計だと
残念ながら昔のほうが多かった。
そんなのだから余計に腐りたくもなる、はっきり言ってバカバカしい。

今の仕事は嫌いじゃないが、周りは意欲が低い人が多すぎで
自分たちが全体の評価を進んで下げていることすら分かっていないのだから
もはや個々の意欲を向上させるには何もかにも色々な事が”低すぎるのさ”

最後に
それでも、現状は数年前よりは楽になった。
楽をしているわけではなく、楽に業務をこなせるようになった方の意味だけど
時間の余裕も有るし、出来る範囲で勉強をしたくなってきた。
なんとか、ここ7年程度で何かかしらの技術を得て、違うことがしたい。
リスクは大いにあるがどうせやるなら、今まで以上に勝負しないとね。
昔よりは考えも変わって、長生きしたいし、ゆっくりと遊びたい。
そのための原資は必要だからね。

さて、勝負してみるか
[PR]
by 43km | 2013-06-15 00:18 | talk to oneself