更に、益々こんな感じ。


by 43km
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

独り言

写真を始めたことについて、

その前に、
僕の持っているカメラ。

・Minolta α-303si super + α 24-85mm 1:3.5-5.6(初めてのカメラ。)

・Fujifilm Tiara Zoom(液晶壊れて...泣)

・Fujifilm Finepix6800Zoom(仕事用にしてます。)

・Panasonic DMC-FZ30(現在メインです。)

・Mamiya RB67proS + Sekor C 127mm 1:3.8...(フィルムすら通してない...)


みんな大好きなカメラたち、なんだかんだで思い入れもある(RB67はこれから...)

α は、カメラの知識も無く衝動買いで買ってしまったカメラ、このときはフィルム一眼など買う気も無かったはずなのだ、始めはアップルのデジカメ(35万画素、液晶など無い)を買うつもりだったのだが、scsiでmacに取り込むのが信じられなく(scsiケーブル太いし、無論plug&playなどない)、そのとき目に付いたのがA4sizeのフラットベッドスキャナー。
アメリカ製のこのスキャナー、なぜかphotoshop3.0がバンドルされているのに、¥69,800-...なぜ?! 『まてよ? これならフィルム一眼買うだけの予算確保できるぞ!』 で、スキャナーをmacと合わせて購入。後日、キタムラでα-303si super も買ったのでした。

僕は昔から、PCで画像を扱うことが出来たらよいと思っていて、今では当たり前になった、PC現像・加工、自宅プリントがしたくて、写真を始めたのがきっかけです。
ですから、写真の知識など全く無く、ここからが長かった。
一眼レフであれば綺麗に撮影できると素人考えがあったために、挫折。
Tiara Zoom購入を最後に長らくカメラを手にしませんでした。(おふざけ、記念撮影程度)

写真を再開したきっかけはepsonのフラットベッドスキャナーです。
フィルムが読める。スキャンスピードが速い(当時) 価格が、フィルムスキャナーより安価 近所で一番の安値を探して、購入! また α と tiara を持ち出して、風景やスナップを、ポジやネガをスキャンしてPCに取り込む、 間も無く、Finepix6800Zを購入し、デジカメのよさに触れつつ、数年を過ごすのでした。

しかし、まだまだ写真が趣味ってレベルではなかったのです。

去年の春、FZ30を手に入れてから、写真が楽しくなりました。
毎週末のようにカメラを持って、とにかく撮影。
軽快に撮れるのが良いですね。

デジタルの良いところは、現像代が掛からないこと。
撮影枚数が容易に増やせる。
荷物を減らせる。

しかし、悪いところは
真剣みが薄れる。
やり直しが利く。
無駄が多くなる。
撮影が雑になる。

これでは駄目だと思い。
もう一度α-303si super を引っ張り出して、撮影するも、納得できず。
afすら怠け癖の対象で、ただただafの能力不足に不満を募らす始末。

これではイカンと思い、フルマニュアルのカメラを、しかも、機械式。
電気の力は一切なし、自分を軽く追い込んでみようと...

で、中判のRB67。
これからは本腰を入れてやってみます。
[PR]
by 43km | 2007-08-03 10:53 | talk to oneself