更に、益々こんな感じ。


by 43km
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

東電の国有化・・・

ニュースとなり、いよいよ本格的な議論が始まるのだな、

議論の中で一番注視しなければならないのは

・放射能事故に対する補償の充実。(福島及び周辺)
・国益に適った国有化の方法。(利権目当てではなく)
・今後の原子力政策に対する準備と方策。(電気の安定供給に対して)

この3点を主眼にしていただきたい。

併せて、
以下に、一番やってはいけないことを
・ただ単に東電社員を公務員化してしまう。(補償問題などが噴出、地位を利用し裁判沙汰に)

・東電の分割により原子力だけは外に出す。(本質から逃げている)

・議論を遅らせて、方針を早急に決めないままに
株価が紙同然になるまで冷え込ませてから慌てる(市場経済は待っていてくれない)
(※本日時点では既に1/3の価値に・・・)

・政府のトップが決めない。(リーダーシップとは?わかってる?)

・有識者会議などで、電力系のお偉いさんに方針を全て決めさせる。
(利権たっぷり、好き放題、発足時から腐ってる)

・なぜかしら、全国の電力会社までまとめて国有化。
(国民に考えさせない、国と国民は一心同体、馬鹿者扱いしない)

・東電社長以下一同が心からお詫びの述べないままの国有化
(体制がとてもよくても、次の日から不真面目な働きに)


筆者としては、早急に国有化の方針を打ち出したほうが被害が少なく
時間稼ぎも出来るのだと考える。
その時間を利用し議論を深めたほうがより良い方向に進めるのではないのか?
[PR]
by 43km | 2011-03-29 20:21 | talk to oneself