更に、益々こんな感じ。


by 43km
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

原発事故に対する損害賠償・・・

国も負担?

なぜこういうことになるのか、
バブル崩壊後、一企業が倒産の危機に瀕すると
直ぐに助ける風潮が蔓延し、
昨今では当たり前のようになっているが、
なぜか?
中小零細企業などは日々倒産に危機に瀕していても
誰も補償はしない、民間企業の殆どは中小零細なのにだ、
こんな馬鹿な話があってはならない。
大企業を助けることが、中小零細を助けるなどと言う輩がいるが
その逆はしないのだから、不公平だ。

話は少々変るが、

筆者としては
・低金利貸付
・東電の国有化
この2点のみ考える。
ただし、できれば低金利貸付よりも国有化を望みたい。
ことが大きいだけに貸し倒れされても困るのだ。

国有化ならば国も負担して良い。
そのかわり、東京電力の全財産は国のものになるのだから
帳尻が合う。

それくらいの心構えが、東京電力及び日本国、
そして国民にも必要。
[PR]
by 43km | 2011-03-25 09:11 | talk to oneself